C値が0.7cm²/m²以下!高気密住宅「Kurumu(クルム)」

外断熱の家「Kurumu(クルム)」ロゴマーク外断熱住宅共通No.1

高気密住宅の証しのための「C値測定」

外断熱の家「Kurumu」は、お客様にご安心いただくため「C値測定」を行っており、
全邸で0.7cm²/m²以下という高い気密性能を確保しています。

ここに【C値測定イメージ】が表示されない場合は、
大変お手数をお掛けいたしますが、こちらより最新の「Adobe Flash Player」をインストールしてご覧ください。

※図はイメージです。テスト中に実際に家がへこむわけではありません。

ひとことで「外断熱」といっても、その定義は曖昧です。
大まかな工法が同じであっても、高気密・高断熱でなければ、隙間から外気が入り込み、中の空気は出て行ってしまうので
家を断熱材で覆うという外断熱工法本来の性能を活かし切れません。
果たして、どれほどの「外断熱住宅」が、実際に気密性を確保しているのでしょうか?


外断熱の家「Kurumu」では、施工技術の高さを証明するためにも、必ず全邸で「C値測定」を行っています。
「C値測定」とは、家の中を減圧し気密性を確認する測定で、その家の隙間の大きさが数値の大きさとして表れます。
測定中は気密性が高ければ、ドアが開きにくくなるほどで、逆に隙間があればすぐに風が入るため、
家中の目に見えない隙間まですぐに発見、修復することができます。


外断熱の家「Kurumu」はすべて、C値:0.7cm²/m²以下という高い水準をクリア。
これが“高気密の証し”となり、お客様にご安心いただける快適な家となるのです。

最高水準の気密性能

外断熱の家「Kurumu」の“全体を覆う断熱仕様”と“優れた気密性能”、“24時間換気システム”は、
財団法人住宅・建築省エネルギー機構の「気密住宅評定」より、基準値を上回る性能が
認められています。
そして、外断熱の家「Kurumu」の家は、近畿圏の基準値を上回る高い気密性と断熱性能を実現。
だから大幅にれ暖房費をカットし、CO2の排出量も削減します。
つまり快適で経済的、環境にも優しい理想的な家なのです。

  外断熱の家「Kurumu」 次世代省エネルギー基準値
近畿圏(Ⅳ地域)
Q値
(熱損失係数)
2.39 W/m²k 2.7 W/m²k
C値
(相当隙間面積)
0.70 W/m²k 5.0 W/m²k
※間取によって数値は異なります。
次世代省エネ基準地域区分

新築一戸建て分譲住宅はこちら!創建のKurumuを探す

無料宿泊体感会|実際に体感されたご家族のご感想も掲載!!

KurumuCube

このページのTOPへ