室内の温度差2度で吹抜けも安心!快適住宅「Kurumu(クルム)」

外断熱の家「Kurumu(クルム)」ロゴマーク外断熱住宅共通No.1

室内温度差|24時間計測結果

ここに【サーモグラフデータ】が表示されない場合は、
大変お手数をお掛けいたしますが、こちらより最新の「Adobe Flash Player」をインストールしてご覧ください。

2008年2月21日、弊社物件の吹抜け部分にて温度変化を調査したサーモグラフデータです。
吹抜け部分の上・下で温度差が少ないことをご確認いただけると思います。

憧れの吹抜け

一戸建ての吹抜けに憧れをお持ちの方は多くいらっしゃるかと思います。
確かに“開放感"と“部屋の明るさ"という面では非常に有効な構造であると考えます。
ただ、注意しなければならない事は、『冷暖房計画まで考えて設計されているか?』ということです。
特に冬の暖房時には、暖かい空気が上に昇ってしまうため、暖房をつけていても、
立つ人の頭の位置までは暖かいが、足元は底冷えで寒いと感じられる場合があります。
当然、快適ではないためエアコンの設定温度を上げたり、ストーブをつけたりされるかと思われます。
そうすると、冷暖房費がかさむばかりか、快適でない空間なので家族一人一人が自分の部屋に戻り、
自然と家族の団欒そのものが少なくなるという事も考えられます。
事実、弊社でも以前は上記のような理由から吹抜けをお奨めしていませんでした。

外断熱の家「Kurumu」で変わる“吹抜け"の考え

しかし、外断熱の家「Kurumu(クルム)」では、この考え方が変わります。
“高気密・高断熱"ですから、吹抜けがあっても室内をほぼ一定の温度に保つ事ができますので、
大きな吹抜けがあるような開放的な間取りでも、冷暖房費を気にする事なく快適に暮らしていただけます。


下のグラフは2008年2月21日、兵庫県三田市の弊社分譲物件にて調査いたしました、吹抜け部分の温度推移です。
外気は氷点下になる真冬。PM9:00に暖房を消し、AM10:15に再びつけるまで、約10°Cしか室温が低下していないことがおわかりいただけると思います。

サーモグラフデータ

また、ほぼ同条件の内断熱住宅で調査した場合、外気が1°Cまで下がった時に室温は8°Cまで低下いたしました。
このことから、“高気密・高断熱"構造と“外断熱”の組み合わせが、屋内の全部屋の温度をほぼ同一に保ち、
しかも長時間維持できるので、快適な室内空間を考える上で、重要であるとおわかりいただけたかと思います。

※間取りによって異なります。

測定概要図

測定概要:断面図 測定概要:平面図

新築一戸建て分譲住宅はこちら!創建のKurumuを探す

無料宿泊体感会|実際に体感されたご家族のご感想も掲載!!

KurumuCube

このページのTOPへ