外断熱の家「Kurumu(クルム)」の工法をご紹介

外断熱の家「Kurumu(クルム)」ロゴマーク外断熱住宅共通No.1

外断熱と内断熱での施工方法の違い

現在の一戸建て住宅は“夏の暑さ”・“冬の寒さ”を緩和するため、なんらかの方法で断熱しています。
大きくは、“内断熱”と呼ばれる“充填断熱工法”と“外断熱”、工法の2種類に分かれます。
ここでは、その外断熱と内断熱の違いについて説明いたします。

木造住宅の基本構造

基本的な木造住宅の基礎構造図

基礎の上に
窓部分を考慮し
柱等を組み立てます。

構造強化のため
外側から合成合板を
貼り付けます。

ここまでが、基本的な木造住宅の
基礎構造になります。

骨格はできましたが、まだ断熱ができていない状態ですので、次に断熱材を施工します。

ここからの工程が、“外断熱”と“内断熱”で違ってきます。

内断熱工法(充填断熱工法)の場合

内断熱(充填断熱)工法概念図

家の内側から断熱材を施工。
これが内断熱(充填断熱)です。

■内断熱工法参考写真
(弊社施工例)

内断熱工法で利用する断熱材は、ガラスを糸のように伸ばして繊維状にし、束ねたもので
“グラスウール”や“ロックウール”と呼ばれる無機繊維系の素材です。
この断熱材を柱と柱に施工することで夏の暑さや冬の寒さを軽減できるようになります。
この施工方法は簡易性、コスト面などから今現在でも広く一般に利用されており、
壁の内側に断熱材を施工することから“内断熱(充填断熱)工法”と呼ばれています。

内断熱工法の注意点

内断熱工法は施工が簡単な反面、いい加減な施工をすると様々な問題が発生するリスクも多く含んでいます。
その中でも、もっとも気をつけなければならないのが“結露”への対策です。
つまり“通気性に考慮した施工ができているかどうか?”が重要になってきます。
(この部分に関しては「断熱材と湿気」のページにて詳しく説明しています。)

外断熱工法(外断熱工法)の場合

外断熱工法概念図

家の外側から断熱材を施工。
これが外断熱です。

■外断熱工法参考写真
(弊社施工例)

内断熱に対して、壁の外側から断熱材を施工するのが“外断熱工法”です。
工法の違いに加え、当社の外断熱の家「Kurumu」では、断熱材自体も内断熱とは異なり、
“プラスチック系”素材の断熱材を用いています。
この素材がもつ最大の特徴は“湿気を通しにくい”という性質であり、内断熱で用いられる
“無機繊維系”断熱材とのもっとも大きな違いでもあります。
この性質は、住宅の寿命を大きく左右する原因のひとつ“壁内結露”の抑制にも寄与します。

外断熱工法の特徴

壁の内側から断熱材を施工する内断熱工法に比べ、柱や壁などの構造体の外側から施工するため断熱材どうしの隙間が生じにくく、
断熱材の連続性が保ちやすいので、気密【内と外との気体が流通しないように密閉された状態】性に優れた家を建てることができます。

“外断熱と内断熱”まとめ

“外断熱”と“内断熱”には、施工上の違いが大きく2つあることが分かります
ココがポイント!

構造体の内側から断熱材を施工するのが“内断熱”、構造体の外側から断熱材を施工するのが“外断熱”

“無機繊維系”の断熱材を用いるのが“内断熱”、湿気を通しにくい“プラスチック系”の断熱材を用いるのが“外断熱”

いずれの点も、施工が終わり家が完成してしまうと、外から見ても中から見ても、外断熱と内断熱の違いは分からなくなってしまいます。

外断熱?内断熱?

新築一戸建て分譲住宅はこちら!創建のKurumuを探す

無料宿泊体感会|実際に体感されたご家族のご感想も掲載!!

KurumuCube

このページのTOPへ