外断熱の家「Kurumu(クルム)」の工法をご紹介

外断熱の家「Kurumu(クルム)」ロゴマーク外断熱住宅共通No.1

工事の流れ

基礎工事

基礎工事とは家の土台となる部分の工事のことで、家が傾いたり沈んだりしてしまわないよう、
建物自身の加重を偏りなく地盤に伝える役割を担う“基礎”を造る工事です。

配筋工事

まず、基礎工事の最初に“配筋”を行います。配筋とは、設計図に沿って鉄筋を配置していく工事です。

配筋作業は、縦に組まれた鉄筋と基礎ベース部分の鉄筋を現場で、手作業によって一本一本丁寧に組み込む作業のことで、
敷地の状況に応じて鉄筋を切断したり、様々な形に加工して、それを結束線でしっかり固定するといった作業が必要となり、
職人の方々の経験や力量によって、その出来具合が大きく左右されます。

配筋工事
配管工事

家の基礎となるコンクリート打設

次に、配筋の出来上がった基礎部分へコンクリートを流し込みます。その、コンクリートを流し込む事を建築用語で“打設(だせつ)”と呼びます。
当社では、基礎の底面をすべてコンクリートで埋め尽くす“ベタ基礎”を採用しており、
一度に流し込んだコンクリートには、継ぎ目ができないため水が入りにくく、強度の低下が少ないというメリットがあります。

流し終えたコンクリートはトンボで平らにし、その上から水分が均等になるように棒で叩いたあと、
さらに金ゴテで平らになるよう、丁寧に仕上げていきます。

コンクリート打設

型枠+断熱材+コンクリート打設

Kurumuでは“家全体を断熱材で覆う”という考えに基づいた施工をします。

そのため、基礎打設時の型枠にも断熱材を入れて施工していきます。
基礎自身も断熱することで、外断熱の効果をより発揮することができます。

型枠+断熱材+コンクリート打設

型枠を外す

型枠内に打設したコンクリートが乾いたら、型枠を外します。
型枠を外すと同時に、型枠にこびり付いていたコンクリートのバリ部分をヘラで平らになるように仕上げていきます。

型枠を外す~バリ部分の仕上げ

基礎コンクリート立ち上がり

コンクリート打設前にあらかじめ施工された、ガス管や水道管を通す先行スリーブ管にガス管を設置し、同時に排水管も施工します。

基礎コンクリート立ち上がり~ガス管・水道管などの施工

床面コンクリート打設

ベタ基礎のベースコンクリートの上に、断熱材保護と床を支える束金物を受けるためのコンクリートを打設し、基礎が完成します。

床面コンクリート打設~基礎の仕上げ

新築一戸建て分譲住宅はこちら!創建のKurumuを探す

無料宿泊体感会|実際に体感されたご家族のご感想も掲載!!

KurumuCube

このページのTOPへ